FrontPage

マイニング用語集

サイコ、サイコクラッシャー

Radeon RX VEGAのこと。ストリートファイターシリーズのベガから。

ビットコ

ビットコインのこと。

ワッパ

ワットパフォーマンスの略。消費電力当たりのマイニング力。

祭り

一時的にマイニングできるコインが増えている状態のこと。

草コイン

新しく発行されたばかりのコイン、未上場のコインで簡単に掘ることができるコインのこと。
ゴミクズ止まりか、最悪誰にも知られずに消えていく可能性もある。
ただし、値上がりすれば一気に儲けが出る。ハイリスクハイリターン。

PL

パワーリミットのこと。
グラフィックボードへの電力供給をパーセンテージで指定できる。

AB

無料のMSI製グラフィックボードコントロールツールのAFTER BURNERの略。
MSI製に限らず、PL、コアクロック、ファンコントロール等、一通りの調整が可能なので使用者が多い。

Satoshi

ビットコインの最小取引単位。
0.00000001BTC=1Satoshi
1BTC=100万円 の場合、1Satoshi= 0.01円

diff、difficulty

マイニングの難しさを表す。
高ければ高いほど掘るのが難しくなりマイニングの報酬が減る。
掘れば掘るほどdiffは上がっていく。
公開されたばかりのビットコインはdifficultyが低く掘りやすい。

オリファン

オリジナルファンのこと。
チップセットを作っているNVIDIAやAMD製の純正ではないファンを使用しているグラフィックボードのこと。
ASUSやMSIなどのメーカーが作成している。
基本的にリファレンスファンが外排気なのに対し、オリジナルファンは内排気。
オリジナルファンを使用する場合はPCケース内のエアフローを工夫する必要がある。
一方で、オーバークロックやマイニングリグで運用する場合はオリジナルファンの冷却力が勝る場合がある。

リファレンスファン

リテールファンとも言う。
GPUチップメーカー純正のグラフィックボードのことを言う。
NVIDIA、AMD製。
外排気の為、PCケース内に熱がこもらないのが特徴だが、一方でオリジナルファンに比べパフォーマンスが悪い場合が多い。

リグ

マイニング専用のマシンのこと。
石油等の採掘機をリグということから。
マイニングの世界ではPCケースからむき出しでライザーカードという専用インターフェースを使用し3~10枚以上のグラフィックボードを運用するマシンのことを言う。
また、ASICというマイニング専用マシンを用いる場合もある。

ASIC

マイニング専用にチューニングされた計算機。
大きさや騒音、消費電力を無視してマイニング能力へ全振りしている。
ハイエンドグラフィックボードと比べても高価なため、ガチマイナーや事業者にしか手が出せない。
ビットコインはASICマシンを数億円規模で投資するガチ業者のせいで個人レベルではマイニングでの利益は期待できない。

GOX、ゴックス

MTGOX、マウントゴックスのこと。
ハッキングに依って破産したことから、転じて取引所やマイニングサービスがハッキングされる意で使用される。
2010年の仮想通貨黎明期では最大規模の取引所。
ハッキングによって大量のコインを失い、破産に追い込まれた。
当時は日本のニュースでも大々的に取り上げられた。

スキャムコイン

Scam Coin、詐欺コインのこと。 絶対に儲かるなんて話はありません。

ブロック

見つけるとコインがもらえる。
プールマイニングなら掘った功績に応じて山分けする。

かたい、固い、硬い

なかなか新しいブロックが見つからないことを「かたいブロックにあたる」等という場合があります。
掘っても掘ってもブロックが見つからない事。

盆栽

マイニングリグのこと。
お金にならない、手間がかかる、一部の物好きが愛でている事から。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-09 (火) 23:19:51 (498d)